救急活動協力者に対する
感謝状贈呈式を行いました。

写真中央左から、遠藤一也 様、岡崎浩太 様

 令和元年7月22日(月)伊達地方消防組合消防本部多目的ホールにおいて、救急活動協力者に対して感謝状の贈呈式を行いました。

 この度、感謝状が贈られたのは、遠藤一也 様、岡崎浩太 様の2名です。

 功績の概要は、令和元年6月9日伊達市梁川町内において、突然倒れた男性にいち早く駆け寄り、救急隊に引継ぐまで、その場に居合わせた方と協力して迅速かつ的確な応急手当を行い、救命されたものです。男性は一命を取り留め、現在社会復帰されています。

 2名の勇気ある行動に心から感謝いたします。

 

◆けが人や急病人が発生した場合、その場に居合わせた人の応急手当等が速やかに行われることにより、救命の効果が高まります。緊急の事態に遭遇した場合、適切な応急手当等を実施するためには、日頃から応急手当等に関する知識と技術を学び身に付けておくこと、また、1人でも多くの人が応急手当等をできるようにしておくことが大切です。当消防組合でも定期に講習会を実施していますので、最寄りの消防署へお問い合わせください。