119番通報の正しい掛け方

火災か救急かをはっきりと!

 火災と救急では出動する車両が違います。

 「火事です。」または「救急です。」とはっきり言いましょう。

場所を正確に伝える

 住所がわからないと消防車や救急車が到着するまで時間がかかる場合があります。住所は正しく、できるだけ詳しく言いましょう。

 また、「○○学校の○側です。」と目標となる建物と方角を伝えると、よりわかりやすくなります。

火災・事故の状況を正確に伝える

 火災・事故の規模等によってはしご車や救助工作車を追加して出動させる場合があります。

 火災・事故等の状況を正確にわかりやすく言いましょう。

通報者の氏名、連絡先を伝える

 状況を確認するために消防本部から電話をする場合があります。

 「私の名前は○○○○です。電話番号は△△△-△△△△です。」とはっきり言いましょう。

 また、携帯電話やPHSから通報している場合は、その旨伝えるとともに、しばらくの間は、電源を切らずに近くにいるようにしましょう。

携帯電話からの119番通報について

 携帯電話の方が早いと思っても、電波の状態などが悪く、通報内容が聞き取りにくい場合があります。なるべく一般の電話から119番をするようにして下さい。

携帯電話から通報するときの注意