消毒用アルコールの取扱いにご注意を!!

消毒用アルコールは、火気により引火しやすく、また、アルコールから発生する可燃性蒸気は空気より重く低所に滞留するため、多量に取り扱う場合には換気を必要とするなど、火災予防に留意する必要があります。

消毒用アルコールを安全に取扱いましょう

  • 1 消毒用アルコールは、火気の近くで使用しない!
  • 2 消毒用アルコールの容器への詰替えは、通風の良い場所や換気されたところで!
  • 3 保管は、直射日光のあたる場所や高温となる場所を避ける!
  • 4 消毒用アルコールの容器に記載される注意事項を確認しましょう!

消毒用アルコールを多量に保管していませんか?

危険物に指定される消毒用アルコールの保管量により、申請や届出が必要な場合があります。 この場合、保管場所における制約が設けられます。
消毒用アルコールを備蓄、保管する計画がある場合は消防本部予防課または最寄りの消防署にご相談ください。

貯蔵・取扱い量 400㍑ 未満 400㍑ 以上
法令の適用 伊達地方消防組合火災予防条例 消防法
手続 少量危険物貯蔵取扱い届出
(80㍑未満の場合は不要です)
危険物製造所等設置許可申請